ここが違う!バンドで必須の楽器別の魅力とは?

とにかく目立つ!バンドの花形!ギター

バンドを組む際に1番人気となる楽器はギターですよね。モテたいからギターを始めたという方も多いと思います。有名アーティストの中にも同じ理由でギターを覚えたという方も意外と多いんですよ。ギターは、楽曲のイントロから派手なリフや間奏でのギターソロとボーカルと同等に目立つポジションとなっています。モテたり目立ったりするといったメリットがある反面、失敗しにくいといったデメリットもあるのでしっかりとした練習が必要になります。

さり気ないテクニックで魅せる!ベース

ギター程、目立つ事はありませんがベースも人気がありますよね。リズム隊としてバンドをリードしたり、重低音の効いたズッシリと感じる音色を出せるといった特徴があります。バンドを支えるポジションである事から影のリーダーとして玄人好みである事からベースを選ぶ方も多くいます。また、演奏する楽曲によってはギターよりも目立てる場合がある事やスラップ等のテクニックも多くある事で演奏する事自体を楽しめる等の魅力もあるんですよ。

単純に見えて奥が深い!ドラム

叩くだけといった他の楽器と比べると簡単なイメージを持たれがちなドラムですが、楽曲のリズムを作り出たりバンド全体をコントロールしたりと縁の下の力持ちで奥が深いといった魅力があります。叩き方1つで楽曲の印象を変える事が出来る事や体全体を使ったパワフルな演奏で見ている方を魅了させる事も出来るんですよ。簡単に音を出す事が出来るので初心者の方でも気軽に始めれるといった特徴もあり、知れば知る程楽しくなれる楽器です。

サックスは木管楽器の一つですが、実は簡単に音が出ます。何か音楽に触れてみたいが、経験がないという方にはうってつけの楽器ですよ。